南京虫さんお久しぶりです、一生会いたくなかったです。

南京虫さんお久しぶりです、一生会いたくなかったです。
The following two tabs change content below.

yukinko

インド在住の旅ブロガー/ライター。 世界一周ひとり旅を含めこれまで訪れた国は69か国、350都市以上。2016年よりインドへ移住。このブログはインド生活や日々感じたことを思うままに書き綴っている日記ブログです(≧∀≦)

ゆきんこ@India , Delhi

 

みなさんこんにちは。
リアルタイムはインドの自宅で引きこもり生活をしています( ^ω^ )

 

タイにいた時から不摂生をしていたせいで風邪をこじらせて体調が万全じゃないこと。そんな状態で飛行機に乗ったから耳抜きができなくて飛行機を降りた後からずっと右耳が聞こえないこと、そして昨日寝ていないという完全なる睡眠不足なこと、それらすべてが

 

“今日はゆっくり寝て明日からのタビイクinベトナムに備えなさい”

 

そう言っていた。

 

さすがにこれ以上無茶したらやばいかも、、、バカな私でも薄々気づいていた。

 

“疲労回復しないとやばいな”

 

だから今日は調子に乗ることなくおとなしくホテルへと戻った。

前回のお話→コーヒー!ビール!マッサージ!テンション上がるベトナム初日ー♪

 

すぐにシャワーを浴びて、ベッドに横になった。ブイビエン通り沿いにあるこのホテルは向かいのクラブの爆音で相当うるさかったけど、疲れから超爆睡できそうだ。

 

真夜中、恐怖の訪問者

ベッドのライトを消して目を閉じた。

 

少しして足の甲にかゆみを感じて足をかいた。

 

なんか嫌だな…

 

そう思った。

 

私は過去に南京虫に襲撃されまくった経験が今でもトラウマになっていて、寝ている時の身体のかゆみにかなり敏感に、そして神経質になっている。

 

普通の人だったら気にもしないレベルのかゆみでも、気になったら起き上がって電気を付けてベッドをくまなくチェックすることもある。

 

もう1年以上前のことなのになー。ホテルに泊まると今でも南京虫が出ませんようにって願うし、南京虫が現れずに朝を迎えたらとりあえずそれだけでホッとする。ここにはいなくてよかった、って。トラウマって怖い。

 

とりあえずなんか嫌だなと思ったけど、気のせいかもしれない。気にし過ぎでかゆいって思っているだけパターンもあるからね。眠さもあってか一旦そのまま眠ることにした。

 

でも、、、

 

やっぱりなんかかゆい…

 

なんかかゆい!!!!!

 

私は自分のベッドにあるライトを付けてふとんをめくった。

 

 

あ、いた。

 

 

一生見たくなかったそいつがベッドの上を歩いていた。

 

 

嫌な予感的中。

 

 

南京虫のお出ましです。

 

 

最っ悪!!!!!!!!!!!

 

 

私はすぐにそいつをやっつけた。虫嫌いの私が強くなる唯一の瞬間かもしれない。南京虫は怖いからと言ってみすみす見逃すわけにはいかない。他にもいるだろうから1匹潰したところでかもしれないけど放置はできない。南京虫はどんどん増えてベッドに棲みつく恐怖の虫だから。

 

南京虫(bedbug)も知らないでホテルで働かないでよ

私はすぐにフロントまで降りて行った。南京虫が出たベッドではもう眠れない。南京虫はどんどん仲間を増やすから、姿を現していないだけで他にも棲みついている可能性がある。

 

フロントでケータイゲームをして遊んでいる男性スタッフにSOSをした。

 

私のベッドに南京虫が出たからベッドを変えてください!!

 

????????

 

そのスタッフはキョトンとした顔をしている。そもそもゲームの続き気にしながら話聞くなよ!一大事なんだよ!!ってちょっとイラっとしたけど、私の英語が通じていないんだなと思って、

 

Bedbug!Bedbug!

 

ともう1度言った。

 

?????????

 

え、この人ベッドバグ知らんの??

 

嘘でしょ!?ホテルで働いていて!?

あの恐怖のヘッドバグを!?

 

新人っすか??( ゚д゚)

 

私はその場でベッドバグを検索してその画像を見せて、大量に刺す虫だということ、刺されたら超かゆいことを伝えて、もう1度ベッドを変えてくれるようにお願いをした。

 

今日はフルだから移動できるベッドはないよ

 

そいつが言った。

 

え、マジで?

1ベッドもないの!?

 

男女ミックスドミだったら1ベッドだけ空きがあるけど…

 

男女ミックスドミ、、、嫌だ。私は今女子ドミに泊まっている。女子ドミがあれば女子は普通女子ドミを選択するだろうから、ミックスドミなんて男子が多いに決まってる。

 

ミックスドミって何人部屋?

 

8人だよ。

 

7ベッド中男子って何人いるの?

 

わからない。

 

スタッフはゲームをしているケータイの画面をチラチラと見ながら私の対応をする。なんか面倒くさいやつが夜中に起きてきやがったぐらいのテンションなんだろう。

 

どうしよう、、、

 

世界一周中に男女ミックスドミには何度も泊まったこともあるし、泊まれないこともない。たった一晩、なんだったらあと数時間の我慢。だけど私は女子ドミって思ってここに泊まっているし、バックパッカーを一旦卒業してヘタレ度が増した私は、ミックスドミに移動する気にはどうしてもなれなかった。

 

ホテルを変えよう。

 

そうするしかない。

 

もう真夜中だし一晩だけなんだからこのホテルのミックスドミに移動 vs こんな時間からチェックアウトをして他のホテルに移動をする

 

だったらほとんどの人が前者を選択すると思う。

 

でも私は後者を選択した。

 

他のベッドは大丈夫?、このホテル自体に不信感が生まれていたこと、そしてゲームをしながらダルそうに対応するこの男性スタッフにイラっとしていて、ここにはもういたくないって思ったからだと思う。

 

他のホテルに移動をする、そう言って1度部屋に戻り荷物をまとめた。

 

そしてフロントの前を通り過ぎようとしたその時、男性スタッフは最後に私にこう言った。

 

今まであなたのようなことを言ってきた人(南京虫が出たということ)は1人もいない、あなたが初めてだよ。

 

は?どういう意味?

なんなの?嫌味??

 

私は思いきりイラっとして、

 

So What!?(だから!?)

 

って言ってやった。

 

確かに今回の南京虫は私だったから気づいたのかもしれない。南京虫の存在、そしてその恐ろしさを知らなかったら、なんかかゆいなーぐらいでそのまま爆睡したかもしれないし、朝起きて何箇所も噛まれていたとしてもダニにやられたかなぐらいでスルーする人もいると思う。

 

私は部屋に戻って潰した南京虫を持ってきてコイツに突き出してやろうかと思ったけど我慢した。

 

そして最後に、ホテルで働くなら南京虫の存在ぐらい知っておくべき。南京虫は放っておいたらどんどん増えてしまう恐ろしい虫だから、私のベッドを隈なくチェックして対処したほうがいいと伝えた。

 

コイツにそんなこと言ってやる必要もないと思ったけど、これから宿泊をする人が可哀想だからね。と言っても、ゲームをしながらテキトーにあしらうコイツがこの件を報告したり対応したりするとも思えなかったけど。

 

客が話している時ぐらいゲームやめろバカ。

 

真夜中の繁華街をすっぴん部屋着で歩く

私は今日の午前中に見に行ったホテルに行ってみることにした。このホテルからそう遠くないし、空きがあるかはわからなかったけど、2軒が隣同士だしさすがにどちらかは空いているだろう、そう願って。

 

ブイビエン通りはますます賑やかになっていた。

 

通り沿いのBarはこぞって爆音の音楽をかけまくって、どのお店もお客さんでいっぱいだった。

この写真は20時ぐらいに撮った写真だけど、この3倍ぐらい人が増えて賑わっている。

 

そんな中を私はすっぴんメガネ、そして部屋着の状態でスーツケースを転がしながら歩いた。

 

これなんの罰ゲーム??( ;∀;)

 

今日はゆっくり寝たいと思っていたのにこんな真夜中にホテル移動だなんて、最悪過ぎる。

 

南京虫、お前とはもう一生会いたくないと思ってたよ!!!!!

 

ホテルに到着すると1階フロントで寝ていた男性スタッフはすぐに起き上がって、予約もなしに真夜中にやってきた私に笑顔で対応してくれた。

 

空きベッドの確認をすぐにしてくれて、時間も遅いから、そう言って私からパスポートだけ受け取って速やかにスーツケースを持って部屋まで案内をしてくれた。そしてHave a good sleep と小声で言い、部屋を出て行った。

 

さっきのクソヤロウとは180度違うその対応に、私はとってもとっても感謝した。

 

やっぱりホテルを移動してよかった。

 

ここには南京虫が出ませんように、そう願いながら私はすぐに眠りについた。

 

明日からタビイクinベトナムのスタートです♪

 

それではまた!!

 

1日ワンクリック(‘∀’●)
応援クリックをお願いします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

今日もありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

Vietnam(ベトナム)カテゴリの最新記事