ゆきんこついに!!=潔癖症インドに住む編=

2年9ヶ月、63か国を訪れて2016年8月に世界一周終了!プチ潔癖症で大の虫嫌い、そんな私が世界一周後に選んだ住まいはなんと…インド(*°∀°)=3

Delhi(デリー)

【必読】無知は危険〜騙され続ける日本人旅行者たち④〜

【2017/03/30】

ゆきんこ@Delhi

 

このシリーズも第4回になりました。

 

このような記事を書こうと思ったきっかけの1日がありました。話の流れ的にその元の元は書くかもしれないし、書かないかもしれないんだけど。

 

ちょっと待って、

え、みんなこんなに騙される!?

 

ここ数日まるで被害者大集合かのようにあまりにも次々と被害情報ばかりが入ってくる。

 

災難だったね、これから気をつけようね…レベルじゃない。

 

危機的状況と判断した。だから書かなきゃって思った。

 

私は考えられなかったけど、ビビりまくってなかなかチャレンジできなかったけど、結果インドへは世界一周の最後の最後にやっとたどり着いたけど、意外と初めての海外旅行がインドですっていうツワモノがいる。初めてじゃないにしても、旅経験の浅い、初々しい子たちが多いように感じる。

 

時期的に2〜3月はインドも大学生だらけだ。だから余計にそうだったのかもしれない。

 

インドにビビりまくっていた私からしたら、超チャレンジャーじゃん!!って驚いてしまう。

 

でも、そんな初々しい彼らだからこそインドのプロ犯罪集団にコテンパにやられているのが事実だ。
 
 
今日からこのブログを見てくださった方は①〜③も合わせてご覧ください。

【必読】無知は危険〜騙され続ける日本人旅行者たち①〜

【必読】無知は危険〜騙され続ける日本人旅行者たち②〜

【必読】無知は危険〜騙され続ける日本人旅行者たち③〜
 
 
 
トオルっています??

 

トオルくんは先週帰国したサンタナスタッフだった子。トオル先輩。

 

えートオルくん先週帰国しちゃったよー友達??

 

そうなんですよーアイツも睡眠薬強盗に遭ったんですよねー。オレも遭ってなかったらアイツのこといじれたのにな〜。

 

って、え?睡眠薬強盗に遭ったの!?

 

【CASE2】睡眠薬強盗

 

"睡眠薬強盗"

 

え…怖っ!!

 

そんなこと本当にあるの??そう思っていたけど、本当にある。

 

ぼったくり旅行会社でツアー代を騙しとられる程の頻度ではない。でも確実にある。今被害者が目の前にいるのだ。そしてこのサンタナスタッフをしていたトオル先輩も2か月前に同じく睡眠薬強盗に遭って旅費をほぼ全額盗られている。

 

 

え!?どこで!?

どこで睡眠薬強盗に遭ったの!?

 

彼はコルカタという町の列車の駅で睡眠薬強盗に遭ったという。彼が次の町に行こうと思って乗るはずだった列車が4〜5時間遅延していたらしい。駅でそれを知り4〜5時間暇だから飯でも食おうか、そう思っていた時に、同じく列車の遅延で暇になってしまった日本人の男の子と出会ったそう。じゃあ一緒に飯食いに行こう!なんて話している時にインド人のおじさんが声をかけてきたそう。

 

君たち日本人??

おじさんはHONDAで働いているんだよ!

 

確かそんな風に名乗ったらしい。

 

インド人の上等文句。

 

日本人の友達がいっぱいいる。

 

お兄ちゃんが日本人と結婚して日本に住んでいる。

 

普通にこれを聞いたら、"全員敵だらけ"って思って張っていた気が一瞬緩む。この人はただの日本人好き、親日家なだけなんじゃないかって。この人はいい人なんじゃないかって。

 

いい人なのはそれだけで心を許してしまう日本人だ。

 

しかもたいがいの人は日本人の友達がいっぱいいるっていうことを口で言うだけじゃなく、日本人と一緒に写っている写真を見せてきたり、"Kana"とか"Genki"とか、実際の日本人の名前を言ってきたり、LINEのやり取りを見せてきたりする。

 

だから彼も最初、"ハイハイ、HONDAね…"って話半分に聞いたらしい。いきなり声をかけてきたし怪しいなって。でも、その人がどこだったか忘れたけどその人が働いていた町の超ニッチな地名とか場所とかの話をしてきて、少しずつ信じてしまったらしい。そのおじさんがインドでは珍しくしっかりとしたスーツを着て、キレイな靴を履き、いい風な時計をして…身なりがちゃんとしていたところも後押しをしたと言う。

 

時間があるならごはんに一緒に行かないか、そう誘われて、オレらもちょうど行くところだったし、ということでおじさんと一緒にごはんを食べに行ったらしい。

 

ちょっと待ってて!おじさん買ってきてあげるから!

 

あざーす!!

 

それからおじさんは20〜30分以上、まあまあ戻ってこなかったらしい。ちょっと遅くね?って思ったけど、1人で待っているわけじゃないし、一緒に来た男の子と話しながらテキトーに待ったらしい。

 

しばらくしておじさんがチョウメン(焼きそば)を持って戻ってきた。

 

食え食え!って、超お腹減ってたし、うまーい!なんて言いながら食べて、

 

気づいたら次の日、道端にいたそう。

 

 

 

 

 

え…なにこれ…

 

最初はなにがあったか理解できなかったそう。そりゃそうだ。自分の記憶は焼きそばを食べているところまでなんだから。おそらくその焼きそばに睡眠薬が仕込まれたんだろう。

 

荷物の中から金目のものはキレイさっぱりなくなっていたそう。

 

お金もないし、iPhoneもないし。途方に暮れる彼のまわりには異変を感じたインド人が次々集まってきて、彼にお金をカンパしてくれたそう。そのお金でなんとかコルカタのサンタナまで戻って事なきを得たらしい。

 

 

さっきも書いた通り、ぼったくり旅行会社の被害ほどの頻度ではないけど、睡眠薬強盗も確実に起きている犯罪のひとつだ。彼らの目的は窃盗だから暴力を振られたとか身体を傷つけられていたという話は私は聞いていないけど、なにかを飲んだ食べたのあとの記憶がごっそりなくて、目が覚めたらそこら辺で寝ていたって怖くない!?

 

想像しただけでゾッとする。

 

対策はもう明らかです。

 

■知らない人について行かない

■人からもらったものを口にしない

 

書くととっても当たり前。そんなの子供だって知ってること、そう思うでしょう。でもそれが難しかったりする。インドにおいては特に。

 

インド人はなんせ人懐っこい。

 

出会って友達、3日で親友、1週間で家族。

 

それぐらい超フレンドリー。

 

しかもシェア文化。

 

私のものはあなたのもの、あなたのものは私のもの。

 

そういう考えが根付いている。

 

インドを旅したことがある人なら列車などでまわりのインド人に食べ物を勧められたこと、1度は経験があるんじゃないかな。インド人は列車で食事を買うよりは、お弁当を持って乗り込む人の方が多い。みんな自分が食事をする時間になったら当たり前のようにまわりの人に声をかける。

 

私も何度も"ごはん食べる?一緒にどお?"って声をかけられたことがある。

 

人からもらったものを口にしない

 

これは鉄則だ。

 

でもニコニコとして親切に自分たちの食事を差し出してくる人に、いらないって言うのは気がひける。これも日本人的発想なのかもしれないけど。私は心を鬼にして丁重にお断りしたこともあるし、正直いただいてしまったこともある。もちろん人や状況は冷静に判断しているつもりだけど。

 

でも、私はただ単に運が良かっただけだと思う。

 

親切でフレンドリーなインド人とのふれ合いがある意味インド旅の醍醐味と言ってもいい。でも、危険と隣り合わせというのは常に意識する必要がある。

 

基本的には、

■知らない人について行かない

■人からもらったものを口にしない

これを守るしかない。

 

同じく睡眠薬強盗に遭ったトオル先輩は、2日間行動を共にしたおじさんに騙された。出会った次の日に約束をしてマトゥラという町に観光をしに行って1日一緒に過ごしていろんな話もして、その帰りにぼったくられそうになったトオルくんの代わりにオレンジジュースを買ってきてくれた親切なはずおじさん。友達になったおじさん。そのオレンジジュースに睡眠薬が仕込まれていたんだろう。トオルくんの記憶はそこから目覚めるまで一切ない。

 

他にも1週間とか行動を共にして騙されたっていう人の話を人づてに聞いたことがある。そんなことされたら心が立ち直れないよね。さすがに1週間も一緒にいて、いろんな話して、いっぱい楽しいことして、そんな時間を過ごしたら信用しちゃうよね。

 

でも長い時間を一緒に過ごしたからといって簡単に信用しちゃいけない。彼らからするとかなりお金持ちの日本人が旅中持ち歩いている現金、電子機器、それだけでも手に入れられれば、実行までに1週間かけてもいい日給だろうし、多少食事をおごったとしても、あとから取り返せばいい。それぐらいの勢いで長期戦で仕掛けてくるやつもいるっていうことも頭の隅に置いていてほしい。

 

そんなこと考え始めたら全員疑っちゃう。

一体誰を信用すればいいの??

 

そんなんで楽しいの??

 

 

そう思う気持ちもわかる。私も旅中そう思ったことが何度もある。疑ってばかりの自分が嫌になったこともあるし、疑ってばかりの自分に疲れて悩んだこともある。

 

でも普通に考えて信頼関係って2〜3日とか1週間で築けるものだっけ??

 

結局決めるのも被害に遭うのも自分だ。

 

とは言っても、こんな犯罪者はごく一部の人間で、普通の人はただの親切過ぎでフレンドリー過ぎの陽気な人たちだ。実際にコルカタで睡眠薬強盗に遭った子の話では、強盗したのもインド人、でもそれを助けてくれたくれたのもインド人だった。

 

判断するのは自分です。

 

インドを旅したらまわりにはインド人だらけ。出会いのカタチはいくらでもあるし、少しでも怪しいなって思う人をじゃんじゃん遠ざけたとしても、嫌でもインド人と触れ合えるから大丈夫。

 

基本的にフラッと近づいてきて声をかけてくるやつは、

 

誰コイツ。

 

そう思っていいんじゃないかな。

なんか目的があるんでしょう、きっと。

 

今日の〆にもう1度だけ書きます。

 

■知らない人について行かない

■人からもらったものを口にしない

 

私も肝に命じます。

 

それではまた明日。明日はこのシリーズラストです。

1日ワンクリック(‘∀’●)
応援クリックをお願いします!!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ インド情報へ

今日もありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

▼世界一周ブログ

ゆきんこついに世界一周だっ!!

http://yukitabi55.blog.fc2.com

 

=お知らせ=

夏のタビイクの先行申込受付中です!!

タビイクLINE@に友達登録をされた方限定の先行申込らしいよ!〜4/28までだって!!

その他のタビイク情報も最速で受け取れちゃうからぜひ♪

S__3547227

タビイクLINE@の登録はコチラから→IMG_3963

ゆきんこは夏のタビイクもインド引率を担当させていただきます!

皆様、夏は激暑のインドでお会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ

-Delhi(デリー)

出た、典型的なインド人タイム!!

【2017/05/03】 ゆきんこ@India, Jaipur   & ...

白亜のヒンドゥー寺院。

【2017/05/02】 ゆきんこ@India, Jaipur   & ...

迷える移動手段の選択。

【2017/05/02】 ゆきんこ@India, Pushkar→Jaipur ...

ラクダで公道散歩(*°∀°)=3

【2017/05/01】 ゆきんこ@India,Pushkar   & ...

ヒンドゥー教の聖地、プシュカルにて。

【2017/04/30】 ゆきんこ@India,Pushkar   & ...